本文へ

現在の位置

こぶんたとわくりんが行く!【3月号】

麻生小学校わくわくプラザ編

ダンスチーム《青嵐》老人いこいの家交流祭に出演! 

 麻生小学校わくわくプラザでは、数年前から「麻生老人いこいの家交流祭」で手話ソングやソーラン節等を披露しています。今年は自分たちで振り付けを考え、扇子とけん玉を取り入れた創作ダンスを発表しました。チーム名も自分たちで考え、「青嵐」に決めました。ダンスもけん玉も、発表するレベルに到達するか心配していましたが、練習と発表の経験を積むにつれ、上達していきました。

 いこいの家交流祭当日、午後のトップを任された「青嵐」のメンバーがいこいの家の玄関を訪れると、利用者の方々が笑顔になりました。子どもたちは大歓迎されてはにかみながらも少し緊張した面持ちで控室にスタンバイし、出番を待ちました。「青嵐」の発表が始まると、観客の方々も手拍子での応援やかけ声で、一緒に盛り上げてくださいました。発表を終えた瞬間、たくさんの拍手に子どもたちは嬉しそうにしていました。

 今後も、子どもたちが地域の活動に積極的に関わる機会が持てるよう、地域との連携を深めていきます。

老人いこいの家交流祭でダンスをする子ども達の写真

青嵐のダンスで、いこいの家交流祭を盛り上げることができたね♪
 

当財団が管理運営するわくわくプラザのキャラクターわくりんがけん玉をしているイラスト