本文へ

現在の位置

こぶんたとわくりんが行く!【7月号】

~旭町小学校わくわくプラザ編~

あさひっこ交流会

 川崎区の旭町小学校わくわくプラザでは、近隣の柳田デイケアを利用する方々と歌やけん玉をとおしてふれ合い、交流を深めることを目的に「あさひっこ交流会」を行いました。

 自己紹介のあと、まずはけん玉発表会として、子どもたちが普段からわくわくプラザで練習しているけん玉の技を披露しました。初めは緊張して恥ずかしそうにしていた子どもたちでしたが、利用者の方が歌う「もしもしかめよ」に合わせてリズミカルに玉を動かすと少しずつ緊張が解け、上手にけん玉を披露することができました。

 物送りゲームのコーナーでは、みんなで輪になって歌いながら、お手玉や大きなリリアンを渡す遊びをとおして、子どもたちと高齢者の方々が声を合わせ、手と手をふれ合うことで互いに打ち解け、心を通わせることができました。

 子どもたちは、最後に一人ひとりと握手をしてお別れする頃には「また来たいね」と名残惜しそうな様子で話し、また、利用者の方々は明るくいきいきとした表情で「子どもたちから元気をもらうことが出来ました」と喜ばれていました。

 今後もこうした機会を増やし、世代を越えた地域の交流の輪を広げていきます。

 

子どもたちが高齢者の方々と握手をしている様子の写真


またみんなであそびに行きたいね


当財団が管理運営するわくわくプラザのキャラクターわくりんのイラスト