本文へ

現在の位置

こぶんたとわくりんが行く!【秋号】

子母口小学校わくわくプラザ編

だじゃれの時間

 川崎市高津区の子母口小学校わくわくプラザでは、ことば遊びを通して子どもたちのことばへの興味を深め、友だちや家族とのコミュニケーションをより楽しんでもらうことを目的として、「一般社団法人日本だじゃれ活用協会」の方々をお招きし、クイズやゲームでだじゃれを楽しむ「だじゃれの時間」を開催しました。

 70人の参加者を学年が交ざったチームに分けて、「だじゃれクイズ」を始めとしただじゃれを用いたゲームの数々で競い合いました。絵の中から隠れた言葉を探す「かくれんぼ言葉」では、見つからずに悩む低学年の子どもを手助けする上級生の姿に会場の大人たちから笑みがこぼれたり、お題の文字で自由に文章を作る「だじゃれ玉入れ」では、子どもらしい発想の奇想天外な文章がたくさん飛び出してそこかしこで笑いが起こったりなど、常に会場が温かな笑いに包まれた、とても楽しいイベントとなりました。

 今回は、「だじゃれ」で楽しみながら言葉の大切さを学ぶことのできる機会を子どもたちに提供することができました。当財団では今後も、様々な活動をされている地域の方々との交流を通して、子どもたちの健やかなこころの成長を見守っていきます。

 

大勢の子どもたちがクイズに答えるために手を挙げている様子の写真

わたしもむずかしい問題
にこたえられたよ!
どんなもんだい♪

当財団が管理運営するわくわくプラザのキャラクターわくりんのイラスト

 

今年度より、隔月の更新になりました。次回の更新は12月1日(土曜日)の予定です。