本文へ

現在の位置

こぶんたとわくりんが行く!【年末号】

英語でシェアドッグ~英語を使った犬とのふれあい交流会~

 9月28日、宮前区の野川こども文化センターにてNPO法人シェアドッグスクールの方を講師に招き、犬との触れ合いを通して命の温かさを感じることを目的とした「英語でシェアドッグ~英語を使った犬とのふれあい交流会~」を実施しました。

 参加した子どもたちは、英語で「Head, Shoulders, Knees and Toes」を歌った後に、日本語で「あたま・かた・ひざ・ポン」を歌い、体の部位の名前を覚えました。テレビで聞いたことがあったり、幼稚園等で歌ったことのある子どもが多く、口ずさみながら元気よく踊っていました。その後、講師の方に英語を使って犬の体の部位のシールをもらいに行き、イラストを作りあげました。

 犬と実際に触れ合う前に約束事として、道で犬に出会った時は、飼い主さんに「触っても良いですか?」と聞くこと。その後にしゃがんで手をグーにして臭いをかいでもらうこと。犬の顔の下から手を出してゆっくり触ること。という3点を教えていただきました。その約束を守りながら、体をなでたり散歩の練習をして楽しい時間を過ごしました。

 今回、犬と触れ合う機会が少ない子どもたちの参加者が多く、このイベントを通して触れ合えることが出来てとても喜んでいました。今後も継続してこのイベントを実施していきたいと思います。

 当財団では今後も、様々な活動をされている地域の方々との交流を通して、子どもたちの健やかなこころの成長を見守っていきます。

 

子どもたちが犬をなでている様子の写真

わんちゃん かわいかったな~

当財団が管理運営するこども文化センターのキャラクターこぶんたのイラスト

 

次回の更新は2月1日(土曜日)の予定です。