本文へ

現在の位置

こぶんたとわくりんが行く!【冬号】

こぶんDE教育懇談会

 宮前区にある野川こども文化センターでは、保護者の方々が日頃子どもに対して気になっている事や悩み事等を情報交換する「こぶんDE教育懇談会」が開催されました。

 今回は地域の学習塾の先生と中学校の先生にもご参加いただき、小中高校生の子どもを持つ保護者の方々とコロナ禍により生活スタイルが変わったことで子どもにどんな影響があったのか、不安をどう解消すればよいのかなどに焦点を当てて話し合いました。

 参加した保護者の方からは、「他のお母さんの話を聞いて、そういえば小学生の時はこんなことがあったな。あの時悩んだ事を今は忘れてしまっている位だから大したことなかったんだ。と感じました」「先生から中学校のお話を聞くことができてとてもためになりました。」等、日頃自分1人で悩んでいる事を話すことで気持ちが楽になったり、先生から「本人が話してきたら聞いてあげることが大切」というアドバイスを聞くことができたりして、良かったとの声を多数聞くことができました。今後も自由に話し合える情報交換の機会を設けていきたいと思います。

 当財団では、様々な活動をされている地域の方々との交流を通して、子どもたちの健やかなこころの成長を見守っていきます。

 

保護者の方々や先生方が話し合っている様子の写真

 

 

当財団が管理運営するこども文化センターとわくわくプラザのキャラクターこぶんたとわくりんのイラスト

 

次回の更新は4月1日(木曜日)の予定です