本文へ

8月の活動風景

防災講座

川崎市危機管理室の方をお招きして、「川崎市ぼうさい出前講座」を開催していただきました。クイズ方式で分かりやすく教えていただきました。

その後はみんなで浸水を想定した避難訓練を行いました。

自分の身を守るためにどのようにしたら良いか、知ることができました。

ぶんぶんゴマ

ぶんぶんゴマを作って遊びました。

みんな夢中で、ぶんぶんと回していたので指に紐の痕ができていました。

「痛い」と言いながらも楽しんでいました。

紙トンボ作り

紙パックを利用して紙トンボを作りました。

色とりどりのトンボができて、飛ばすととてもきれいでした。

外では本物のトンボも飛んでいて、秋の気配を感じていました。

紙飛行機で遊ぼう

紙飛行機を作って競争しました。

遠くに飛ぶ飛行機と滞空時間が長い飛行機、オリジナルの飛行機と思い思いに作っていました。折り方は難しかったのですが、真剣に折り方を見て頑張っていました。

できた後は外で飛ばしっこ競争をしました。それぞれに歓声が上がっていました。

命の授業

川崎市動物愛護センターの方をお招きして「いのち・MIRAI教室」を開催しました。

「動物にも気持ちはあるのか?」をテーマに、パネルや紙芝居を見てみんなで考えてみました。

言葉は話さなくても全てに気持ちはあって、一つ一つが大切な命なのだと知ることができた教室でした。

セミのぬけがら調査

加瀬山で「さいわい加瀬山の会」のみなさんと一緒にセミのぬけがら調査を行ってきました。

どのセミの種類が増えているのか、減っているのかを調べ、環境や生態系の変化を調査をしているそうです。

「役立ち隊」として、自分の住んでいる地域の環境ために頑張ってきました。

夏休み

暑くて室内で過ごすことが多かった夏休みですが、遊びの天才たちは様々なことを考えて、自分たちなりに時間を使っていました。漫画家さんも増えましたよ。

素敵な作品が次々とできた夏休みのわくわくプラザでした。

9月の目標

9月の目標が決まりました。

気づきのある目標。達成目指してがんばりましょう。

残暑お見舞い申し上げます。

暑い日が続いた夏休みですが、気づけばあちらこちらで秋を感じられるようになってきました。子どもたちも空を見上げては「焼き芋みたい」「たい焼きみたい」「何か降りてきそう」など楽しそうに話しています。それでもまだまだ暑い日が続きますが、楽しく過ごしましょうね。

お問い合わせ

日吉小学校わくわくプラザ
〒212-0057
川崎市幸区北加瀬1-37-1
電話番号:044-588-4344