本文へ

7月の活動風景

紙芝居を見よう

プロの紙芝居師さんの紙芝居と生演奏&沖縄の紙芝居師さんとオンラインで繋がって、紙芝居の時間を楽しみました。

いのち・みらい教室

アニマモールかわさき(動物愛護センター)の方に来ていただき、いのちの大切さについて考えました。

前半は映像を見ながらアニマモールかわさきの活動を知り、後半は動物が幸せになるために必要な物を考え絵や文字で描きました。

映像では、目の開かなかった子猫が治療により開くようになた姿を見ると「すごーい」と歓声があがっていました。

お絵かきの時間はそれぞれ、犬のために何が必要かを考えたくさんの絵を描いていました。

アニマモールかわさきについて教えてもらいました。
いのち・みらい教室の様子です。
手前の机にはヒントとなる道具が置いてあります。
いのち・みらい教室の写真です。
まなぶ君が幸せに暮らしていくために必要な物をたくさん考えました。

工作「スライム」

夏休みの工作はねばねばとろ~り不思議な感触のスライムを作って遊びました。

作成自体はあっという間でしたが、感触を楽しみ最大2時間ほど遊び続けている子がいるほど楽しかったようです。

スライムづくりの様子です。
スライムを作り終わった後は触って、触って……
「気持ちいいよ!」と楽しんでいました。
ねっば~とスライムの感触を楽しんでいる写真です。

水遊び

毎日暑くて外に中々出られないため、水に触れて涼を感じました。

バケツとペットボトルを使い、掛け声とともに全員が水を掛け合い……

まさに水かけ合戦となり、全身びっしょり。

十二分に水遊びを楽しみました。

水遊びの様子です。
水かけ合戦スタート!
水遊びの様子です。
リーダーはホースで戦います。「ずるい」「ずるい」と言いつつ、かけられるのを楽しんでいる皆でした。
水が溜まるのを日向で暖まりつつ待っている様子です。
バケツを構えて戦闘準備は満タンです。

紙しばいをみよう

プロの紙しばい屋さんに来ていただき、生演奏と共に紙芝居を楽しみました。

沖縄の紙芝居師さんともオンラインで繋がり、沖縄の方言クイズや沖縄のお話しを聞き、あっという間の1時間となりました。

まるで劇を見ているような紙芝居の時間を子どもたちも見入っていました。

臨場感たっぷりの紙芝居にみんな見入っていました。
沖縄の紙芝居師さんにオンラインでクイズを出してもらっている様子です。
紙芝居を観ようの様子です。
沖縄民謡も演奏に合わせて踊りました。

お問い合わせ

橘小学校わくわくプラザ
〒213-0022
川崎市高津区千年1024
電話番号:044-766-4522