本文へ

7月の活動風景

工作

七夕

7月はじめの工作はお花紙を使い、仙台七夕まつりのような工作をしました。

お花紙を広げるときにやぶけてしまう等、苦戦している子もいましたが、それぞれかわいらしい飾りが完成しました。

まずは説明を聞いて七夕飾り作りをはじめます。
最後の仕上げのお花紙を広げているところです。
七夕工作に真剣に取り組んでいます。

工作

くだものうちわ

夏休みに入ってからの工作は、折り紙でくだものうちわづくりをしました。

ジャバラ折りで今回もつまづいていましたが、出来上がりは皆、満足気でした。

折り紙にのりで別の折り紙をはりつけ、果物の形を作っていきます。
スイカらしくなってきました。
完成したくだものうちわです。
スイカとオレンジが美味しそうにできました。

高齢者施設・保育園へプレゼントを届けよう

近隣の老人ホームと保育園に子ども会議で話し合い、作成したプレゼントを届けにいきました。

まだまだコロナの終息が見えず、利用者の方や園児と交流は難しいですが、自ら届けられて子どもたちは嬉しかったようです。

施設の職員さんをまっている様子です。
ドキドキしています。
ちょっと密なプレゼントを渡している様子です。
出身の子どもたちは、久々に先生に会えてうれしかったようです。

水遊び

今年度もコロナ対策で時間を短くしつつ、水遊びを楽しみました。

相変わらずダイナミックなバケツでの水かけ合戦となり、全員ずぶ濡れで楽しみました。

気温も上がったため、昨年度より気持ちよさそうです。
ソーシャルディスタンスで休憩中の様子です。
水が四方八方から飛んできます。
スタッフも避けながら撮影しましたが、ずぶ濡れです。

お問い合わせ

橘小学校わくわくプラザ
〒213-0022
川崎市高津区千年1024
電話番号:044-766-4522