本文へ

3月の活動風景

こんちゃれ
『こんちゃれ』
今月こんちゃれは「100センチ走」に挑戦しました。
ぴょんぴょんカエルの折り紙を折り、それをスタートからゴールまで何秒でたどり着くか!
みんな自分で折ったカエルに「飛べ!いけいけ」などと掛け声をかけながら楽しそうにゴールを目指しました。
工作の日 ミサンガを作ろう
『工作の日 ミサンガを作ろう!』
今回はミサンガづくりに低学年から高学年までが参加してくれました。
こども文化センターで用意した刺繍糸だけでなく、自分で好きな色を持ってきた子もいてオリジナルのミサンガが完成しました。
みんな集中して作っていてとても素敵な作品が完成しました。
シェアドッグ
『シェアドッグ』
 毎年大人気の行事の一つですが、今回は新型コロナウイルス感染症対策として定員を制限しての開催となりました。
 当日は晴天の下、14名の子どもたちと5匹のわんちゃんが遊びに来てくれました。
 シェアドッグスクールの先生から、初めにわんちゃんと仲良くなる「3つのお約束」を教えていただき、挨拶の仕方・触り方・散歩の仕方を学びました。はじめは不安そうな顔をしていた子どもたちも講師の先生方の丁寧なご指導により、すぐにわんちゃんと仲良くなることができました。散歩をしたり、わんちゃんの心臓の鼓動を感じたり、活動を通して「生き物を大切にする心」について考える機会になりました。
しんじょうベビー服リサイクル
「しんじょうベビー服リサイクル~春服・夏服~」
今年は新型コロナの影響で秋のリサイクルを延期していたところ、利用者さんからたくさんの開催希望をいただきました。人数制限等にご協力いただき、今月、ようやく「春服・夏服のベビーリサイクル」を開催することができました。
参加した方々から「開催していただきありがとうございます」という声をたくさんいただきました。参加者の方には感染症対策のお願いが多くなりましたが、「コロナ禍でも安心して参加できました」「人数を制限していただき混雑することなく、時間内でゆっくり選ぶことができました」「並べ方もきれいで使えそうな物がたくさんありました」など、開催について感想をいただきました。
また、「保育園の洋服にと思っていましたが、状態も良く可愛いものが多かったので普段着として着させます」と、みなさまにとても喜んでいただくことができました。また夏に向けて開催できるよう準備を進めていきたいと思います。
いしちゃんと一緒に親子で遊ぼう
『いしちゃんといっしょに親子で遊ぼう~第5弾~』
 今回は雨から雪がちらつくという予報があり、前日と当日のキャンセルがありお父さんとお母さんのグループ2組での開催となりました。
 2組での開催でしたが、講師を中心に遊びを取り入れ、リラックスした雰囲気の中、親子交流を通して日頃悩んでいること、気になっていることについて意見交換をしたり、アドバイスをもらうなど、とても充実した時間となりました。
今回はお父さんが参加して下さったことでいつもとは違う視点での質問もあり、みなさん充実した時間を過ごせたようでした。
育児をしていて、様々な悩みもあると思います。これからも子どもたちの活動を通して保護者の方同士が意見交換、相談できる機会を考えていきますのでよろしくお願いいたします。
新城プラネタリウム&万華鏡づくり
「新城プラネタリウム&万華鏡づくり」
宇宙科学研究所が打ち上げた小惑星探査機『はやぶさ』について、はっちゃん先生が映像を通してお話ししてくれました。ハヤブサの7年に及ぶ旅の話を聞き、「私が生まれる前に出発して小学生で戻ってくるくらい長い旅だったんだ」「ハヤブサをレゴで作りました」と先生と話をしていました。
はやぶさや宇宙、星座について楽しく学んだ後ははっちゃん特製万華鏡を作りました。中に入れるもを変えると万華鏡の中に様々な世界が広がり、さらにライトをつけると自分が見ている不思議な世界が映し出され、子どもたちは大喜びでした。
「これを入れるとこうなった」「これはこうなるんだね」と万華鏡に作り出される世界と宇宙が重なり合ったようで、子どもたちの創造力に驚かされました。
「お家に帰ったら家族に見せたい、はやぶさについて教えてあげたい」「星座について知らないことをたくさん知ることができた」と、みんなとても充実した時間を過ごすことができました。
卒業おめでとう!卓球大会
「卒業おめでとう!卓球大会」
こども会議で話し合い、今年度は小学生から高校生までの卒業生をお祝いする「卓球大会の開催」が決まりました。
今までは主に、中学生や高校生が卓球をしていましたが、このところ小学生にも卓球が流行っているので「みんなに卓球を楽しんでもらいたい」という思いを込めました。
「卒業しました」と嬉しそうに話してくれる中学生、中高生のようにラリーが続く6年生を見て成長を感じました。
みなさん、卒業おめでとうごいざいます!これからも遊びに来てください。
中学生パズル
「パズルに挑戦!」
ピースが小さくてなかなか完成できないパズルを中学生が見事な集中力で作り上げました。
コロナ禍で一人遊びが多いこども文化センターではパズルや立体迷路などが大人気。今では小学生だけでなく、幼児さんも挑戦しています。

お問い合わせ

新城こども文化センター
〒211-0042
川崎市中原区下新城1-2-4
電話番号:044-788-8055